MIDORI / 美登利

Bibliographic Details

Title
MIDORI / 美登利
Artist
Araki Nobuyoshi / 荒木経惟
Publisher
Tanki sha / 単騎社
Year
1982
Size
h285 × w228 × d4mm
Weight
200g
Pages
32(27 photos)
Language
Japanese / 日本語
Binding
Saddle stitch / 中綴じ

アラーキーが裸にしなかった
憂鬱な少女

『たけくらべ』の美登利

過激なヌード写真で知られる荒木経惟が、裸にしなかった写真集。ひとりの女性の日常を通して、その心情を裸にしたということか。この女性は吉原の風俗店で働いていたそうだ。

モデルの女性を撮影するあいだ、荒木はずっと「美登利だなあ、『たけくらべ』の美登利だよなあ」と何度も口にしたという。本作の題名にもなった美登利とは、樋口一葉の『たけくらべ』に登場する、吉原の遊郭に住む少女の名前だ。『たけくらべ』は14歳のおてんば娘、美登利が吉原の遊女になるまでを描いており、大人になることへの嫌悪感、少女喪失が一つのテーマである。ポートレートの女性は一見すると余裕のある佇まいだが、瞳の置くには少女時代への郷愁、大人に対する反抗心、不安、などの複雑な心情がにじみ出ていることに気づく。

印刷ではグラビア精光社によるグラビア印刷という気合いの入りようだが、制作工程では不幸の連続が企画者を襲った。表紙の左右印刷間違い、表紙再印刷、綴じ向き逆、ホチキス外し綴じ直し、といった逆境を乗り越えて、ようやく出版へと至った受難の写真集だったそうだ。

This photo book was shot in the image of Mitori, a girl who lives in a brothel in Yoshiwara and appears in Higuchi Ichiyo's short story "Takekurabe. The book was printed by Gravure Seikosha, a company that prints photogravures, but a series of unfortunate events occurred during the production process. The book was a difficult one to produce, and it was only after overcoming such adversities as printing the wrong side of the cover, reprinting the cover, reversing the binding direction, and re-stapling the cover that the book was finally published.


Regular price $183.00 USD
Regular price Sale price $183.00 USD