画家の土人形

Bibliographic Details

Title
画家の土人形
Artist
Anonymous / 作者不明
Year
1912~26 / 大正時代
Size
head: h70~85 × w40mm d40mm, Stand: h100 × w52 × d52mm
Weight
475g
Materials
unglazed clay, wood
Condition
Pedestal and head are not fixed./ 台座とカシラは固定されていません

Total 11 types=11 pieces, 全11個セット

猿、翁、般若…
チェスの駒みたいに並べる
十一頭の土人形。

大正時代に持ち主である画家の印刷所が火災に遭い、その焼け跡から拾い上げられたと言う土人形。この11体をまとめて手に入れたときに、教えて貰ったエピソードですが、土人形は煤けてはいない。実際に火事の焼け跡から拾われたのかは半信半疑ですが、次の持ち主への伝言ゲームがうまくいくのだろうかと、ちょっと不安になって、立ち止まって考えてみたくなってしまいます。

エピソードを訝しげに思いながらも、台座に土人形のカシラを1つずつ据えてある、その現状は、動かしようのない事実です。「ま、作り話でもいいか」と思えてしまいます。そして、この逸品を評価していることに嘘偽りはありません。その状態に惹かれたのであれば、古物の勝ち。エピソードが作り話しだったとしても、霞がかかっていた古物に奥行きがあらわれ出て、それはそれでまたたのしみと思っているのです。



Text by 都築重則


ASK